筑波大生の自由研究

ある筑波大生が一生懸命に考えるブログ

コーチング初心者講座!5分でわかる「スコトーマの原理」

やま子ちゃん、今日は「スコトーマの原理」について簡単に解説していくぞ。

宜しくお願いします。

 

 スコトーマについてもっと知ろう!

スコトーマとはなにか

やま子ちゃん、この紙に君の腕時計の絵を書いてくれるか。もちろん、腕時計は見ちゃいかんぞ。

えっと....。

うーん。

なんとなく覚えてるんですけど、書けません!!

そうじゃな。簡単に言うと、それがスコトーマなんじゃ。
腕時計は毎日、何度も見るものじゃろ。しかし、それをいざ書こうとすると書けない。

「見えているのに、見えていない。」
それこそがスコトーマなんじゃ。

このスコトーマはすべての人が持っている脳の働きなんじゃ。もちろんわしだってもっているぞ。

なぜスコトーマは存在するのか

スコトーマは「見えているけど、見えていないもの」だということは分かりました。
でも、なんでそんなことが起きてしまうんですか?

それは簡単じゃよ。目に見えるもの”すべて”を処理していたら、頭がパンクしてしまうじゃろ。時計は時間を知るためのものじゃから、細かいデザインまでは処理していないんじゃ。それとおんなじことじゃよ。
処理する情報を減らして、省エネをしているのじゃ。 

脳って意外と怠けものなんですね。

スコトーマのコントロール

ところで、なんでこんな話をしているのかわかるかね?

 

えっと..。先生がうんちくをたれたいから...とかですか??

(あ!やっばい!失礼なこと言っちゃった!)  

 

はっはっは!それもそうじゃな。

だがな、大事なことは
スコトーマをコントロールすれば、どんなことでもうまくいく
ということなんじゃ。
上手くいかなかったことはスコトーマにして、無視してしまえばいいんじゃからな。

そんなこと出来るんですか?

もちろん、できるぞ。ただし、わしの話を真剣に聞けばの話じゃがな。

ちょっと面白くなってきました!もっと聞かせてください。

良いぞ。じゃが、長くなってきたから次の回で話すとしようか。

わかりました!宜しくお願いします!!

 

苫米地式コーチングでよく言われるスコトーマですが、スコトーマの検証動画がYOUTUBEにありましたので張っておきます。

www.youtube.com

f:id:yamachi4u:20170710174826j:plain