筑波大生の自由研究

ある筑波大生が一生懸命に考えるブログ

19才までに絶対に知っておきたいお金の扱い方

豊かになるお金の授業

お金の稼ぎ方には3つある

お金の稼ぎ方には3つあるんじゃが、やま子はわかるかね?

え!!いきなりなんなんですか!!??

アルバイト正社員株...とかですか。

 惜しいのぉ。 

①お金でお金を生む方法
②企業に勤める方法
③付加価値を生み出す方法

じゃな。

やま子の言うアルバイトと正社員は、②企業に勤める方法にあたる。
そして、①お金でお金を生む方法にあたる。

③付加価値を生み出す方法は、やま子にはちと難しかったかのう。

 

①お金でお金を生む方法

 お金でお金を生む方法...ですか。

代表的なものとしては、株式投資じゃな。

やま子に言っておくがの、①お金でお金を生む方法は絶対に手を出してはならん

え?なんでですか?

例えばの、宝くじで最も儲かるのはだれか知っとるか。

それは・・・・。
宝くじに当たった人・・・じゃないですか?

それが違うんじゃよ。宝くじを売ってる人、つまり”国”なんじゃ。 

どういうことですか?

例えば200円で宝くじを買ったとする。
宝くじは値段の約半分がいわゆる手数料として取られるんじゃ。
200円のくじを買うということは、全体をならして見れば100円をただ寄付するみたいなもんなんじゃ。
株も同じでな、株という仕組みを作った人だけが常に儲かるように出来ているんじゃ。

なるほど。そういう意味だったんですね。
①を選んだ時点でもうすでに負けが決まってるということですね。 

 

②企業に勤める方法

 ②企業に勤める方法はどうなんですか?

この方法には大きなメリットがあるんじゃ。それは「収入が安定すること」じゃ。これは大きなメリットじゃな。

収入が安定してないと、不安ですもんね。大事なことですよね。 

じゃがこの方法では、多くの人がわかっているようにどれだけ頑張っても豊かにはなれないんじゃ。

それはなぜなんですか? 

簡単に言うとじゃな...。自分が生み出した分の価値に見合うだけのお金は絶対にもらえないからじゃな。
どんなに頑張っても、お金を持っている人のところに自分が働いた分のお金も持っていかれてしまうんじゃ。
それがいわゆる搾取じゃな。

それは嫌です!アルバイトって搾取そのものじゃないですか!!!

どうしたらいいんですか!!!??

売るものを変えたらいいんじゃ。

私、ただのレジ打ちで何も売ってませんよ?

そういうことじゃないんじゃ。アルバイトも、正社員も会社に雇われるという点では一緒じゃな。
これはつまり、会社に自分の「生命時間を売る」ということじゃ。 。
「生命時間を売る」から搾取されるんじゃ。
例えば、「年功序列」が搾取のいい例じゃな。
年功序列という制度のもとで、いちばん重視されるのは年齢じゃ。
いちばん若い人がその会社でもっとも付加価値を生み出している人であっても、もらえるお金はいちばん少ないというわけじゃ。
現実にはボーナスなどいろいろと違っているかもしれないがな。

たしかに、年功序列って搾取ですね。知らなかった。

③付加価値を生み出す方法

搾取されないためにはどうすればいいのか、ちゃんと教えてください!!

それは簡単じゃよ。付加価値を生み出せばいいんじゃ。

さっきアルバイトの話がでたじゃろ。
アルバイトは「生命時間」を売ってお金にしているんじゃな。
これはアルバイトじゃなくても同様じゃ。

正社員だって広い目で見れば、同じことじゃ。

今から話す年功序列というのは一つの例でしかないんじゃが、一応説明するぞ。

正社員で経験があって付加価値を生み出していている場合も、ほとんどの会社では年功序列という制度があるじゃろう。

そこで 評価されるのは年齢であって、生み出した付加価値の量ではないんじゃ。

つまり、年功序列という制度のもとでは、付加価値を生み出しても所得の増加にはつながらないんじゃ。

会社に雇われる=生命時間を会社に売る=搾取されるという構造がわかってもらったかのう。

 

じゃあどうすればいいんですか? 

 

 その疑問を解決するのが③付加価値を売る方法じゃ。 

 

③付加価値を売る方法

はやく教えてください! 

 

そう焦るんじゃない。大事なことは、「生命時間じゃないもの」を売るということじゃ。

それって一体どういうことなんですか??

答えは簡単じゃ。この本を読めばわかる。

今まで言ってきたことは、この本の著書である苫米地さんが言っていることをかみ砕いただけじゃ。

つまりパクリってことですかぁ!!??

分かりやすく伝えるのも付加価値じゃわい!
しかし、内容をちょっと喋っただけでこれだけ意識がかわるんじゃから、これを読めばますます意識がかわるはずじゃよ。

とっても読みたくなっちゃいました!!